短期間で集中して免許を取得できますが、まとまった休みが取れる方でなければ参加できません。

合宿免許の良いところと悪いとことを見て比較検討しよう!

MENU

合宿免許のメリット・デメリット

 

合宿免許のメリットデメリット

合宿免許に注目が集まっています。

 

合宿免許とは、自動車学校の宿舎、もしくは近辺の宿泊施設などに泊まりながら短期集中型で運転免許を取得するプランです。

 

通学よりも教習料金を安く済ませることができるため若者にも人気です。期間は3週間程度のものが多く最短では14日~17日程度のものもあります

 

 

合宿免許のメリット

 

合宿免許のメリットはなんといっても短期間で集中して免許を取得できるところです。

 

普段、学校に通ったり、仕事をしながら教習所に通っていると、ついつい運転免許取得に集中できずに免許取得に至るまで長期化してしまうことがあります。

 

そういった場合、検定や試験に合格することができずに追加教習などの補講料金がかかってしまうことも多いため、予算的にも当初考えていたよりも多くかかってしまうこともしばしばあります。

 

その点、合宿免許はパック料金が通常の通学教習の料金よりも安く設定されていることも多く、宿舎やホテルなどの宿泊施設の利用料金、食事の補助などもあるので、金銭的にお得なプランだといえるでしょう。

 

 

合宿免許のデメリット

 

デメリットとしては、近隣の自動車学校では合宿免許のプランに申し込むことができず、他県や遠方の自動車学校に遠征しなくてはいけないことがほとんどだということです。

 

したがって短期集中ではあるけれど、まとまった時間や休みが取れる学生やフリーターにしか申し込むことが実質的に無理なことが挙げられます。

 

また年齢制限がかけられていることもあり、比較的若い世代のためのプランです。

 

ただし遠征の新幹線費用などの交通費に関しては、自動車学校が負担してくれるところもあるため、旅行がてらに免許を取得して、見知らぬ街や自然を楽しめる人にとってはおすすめの合宿免許です。

 

そしてもう1つデメリットとして挙げられるのは、短期集中で入校生に免許を取得させなければならないため、教官の指導は厳しくなります。「こんなに厳しい授業だとは思わなかった。」という声も。