田舎道での走行経験があると、スムーズにドライブが楽しめます。

田舎の道と都内の道とのギャップ

MENU

田舎の道と都内でギャップはないの?

 

田舎と都会のバナー

 

合宿免許の多くは、田舎で行われています。
当然、技能教習も田舎の道です。

 

「実際に都内を運転するときに、ギャップって感じないの?」って不安に感じちゃいますよね。
田舎の道から、都内に出てギャップってあるんでしょうか?

 

>>【お悩み解決】合宿免許の教官はちゃんと教えてくれる?

 

 

田舎と都内の道ではギャップあり!

ビックリマークのバナー

田舎の道と違って、都内は車線の数も交通量も多いですよね。
反対に田舎の教習所では、道がガラガラだったり、車線変更の機会も少ないかも…。
道を比べてみると、田舎と都内ではずいぶんギャップがありますね。

 

 

ギャップは克服できる!

合宿免許の実技教習に慣れると、確かにギャップはあるかもしれません。
でも、免許を取って1人立ちすると、ギャップより緊張感と戦わなくてはいけません。

 

教習中は、プロの教官が横についてくれています。
教習車での運転は、精神的に安心感がありますが、1人立ちすると安心感が緊張感に変わります。

 

都内で教習を受けると、都内の道で運転をする経験は出来ますが、同じように1人立ちのときには緊張します。ギャップよりも緊張感の方が感じてしまうでしょう。

 

田舎と都内の道では、ギャップがあります。
でも、ギャップは自然となくなってくるものです。
初めは、先輩ドライバーに助手席に座ってもらって練習すれば安心ですよ。

 

 

 

田舎での教習が役立つことも!

運転が楽しくなってきたら、「遠くまでドライブに行こう。」って計画したくなっちゃいますよね。
風光明媚な場所や観光名所は、田舎にあることが多いんです。

 

そんなときに役に立つのが、合宿免許での実技教習!
田舎の道での教習を思い出せば、快適なドライブが出来ちゃいますね。

 

ドライブで遠出をしようとする時期は、運転に慣れてきた頃でしょう。
緊張感なく、初めての田舎道を走ると大変です。
田舎道での走行経験があると、スムーズにドライブが楽しめちゃいますよ!

 

運転免許を取得してしばらくはギャップを感じるかもしれません。
その分は、頼れる先輩ドライバーと慎重な運転で切り抜けちゃいましょう!