昨今はMT・ATの保持免許で恋愛の優劣が変わる要素は少なくなっています。

MENU

AT・MTをどっちを取る?

車の免許を取る時はAT限定とMTのどちらにするか迷うものですよね。
自家用車の運転で見ればATだけで十分ですが、免許取得後にAT限定を解除するのは大変なので、せっかくならMTを取っておくべきだと考える人が多いです。

 

特に合宿免許ではATとMTで教習所より料金の差が少ないことや、運転しやすい環境のためMT車を選ぶ比率が高くなっています
当サイトでは、実用性や将来性を含めた現実的な比較のほか、合宿免許で出会いを得るチャンスの大きさも踏まえて比較した検証結果を紹介いたします。

 

MTを取るメリット

まず実用性の面でMTを取るメリットは、主にスポーツカーとトラックに乗れることです。
車好きの人はすぐにMT車を買う予定がなくてもMTを選択する方が多いです。
昨今は商用車を含めてAT車の比率が高まっているので、車を運転する仕事をする場合でもAT限定が理由で不利になる職種は少ないです。

 

なお、トラックの場合は重たい荷物を載せたり悪路を走る仕事になるほど、MT車を使う比率が高くなります
建設関係や運送関係、農業・漁業関係の仕事に興味がある方はMTを取っておきましょう。

MT車のギア

将来的な幅を持たせたいと思っている方でも、免許取得後にAT車しか運転する機会がなければ、将来転職する時にMT車に乗る仕事を敬遠するものです。
新卒採用で希望している職種がMT車と無縁で、プライベートでもMT車に乗る予定がなければAT限定でも十分でしょう。

 

出会いを意識したAT・MT車のメリット・デメリット

合宿免許の場合、AT・MT車でそれぞれ以下のメリットがあります。

 

AT車のメリット
  • 女性の大半はAT車なので、女性と仲良くなれるチャンスが大きい(高速教習など)
  • 実技教習がイージーなので悩みが少なく恋愛に集中できる

 

MT車のメリット
  • 最短日数が長くなるので、日程的にチャンスと出会いの数が大きい
  • 異性から好印象を持たれやすい
  • 男性比率が高い(女性は男性と仲良くなりやすい)

 

合宿免許は基本的に常時生徒の受け入れを行っていて、常に入校する生徒と卒業する生徒の入れ替わりがあります。
MT車はAT車よりも2~3日長い期間が必要なので、滞在期間の分だけ出会いのチャンスが増えるのが大きなメリットです。
AT車は高速教習で女性と一緒になりやすいことや、運転を習得する難易度の低さに魅力があります

 

とはいえ、合宿免許で思い通りの展開になるとは限りませんし、費用・日程・実用性の面で大きな差が出ます。
AT・MTのどちらを取るかは合宿中の出会いに関するメリット・デメリットではなく、本当にMT車を運転できる環境が必要なのか実用性を重視して検討することをおすすめします。
以前はMT免許を取得する男性の方が女性からモテましたが、昨今は乗用車のAT比率が高くなったことやスポーツカーを嫌がる女性が増えていることから、MT・ATの保持免許で恋愛の優劣が変わる要素は少なくなりました。